読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオのエルネア探訪日記

このブログはエルネア王国のプレイ日記です。クラフ王家、メリンダ国に住んでいます。寿命やイベントのネタバレあり。

2代目、その13(200年後半)

次の日。
f:id:rio-m:20160201163929j:plain
髪色ついては何もなかった(笑)

デートの約束だけど、また試合と被ってた。
f:id:rio-m:20160201170653j:plain
うん、がんばろう。

やっぱり危なげなく勝利。


数日後、仲良くなったハリーさんを見かけて、
声をかける。
f:id:rio-m:20160201170802j:plain

赤ちゃんかぁ。。。

フォルスやフォルティナが赤ちゃんの頃を見てるから、何だか懐かしい響き。

ルビーの子供なら、きっと可愛いだろうな。

...なに考えてるんだ、オレは。


あ、陛下がいる。
話し掛けよう。
f:id:rio-m:20160201171636j:plain
f:id:rio-m:20160201171703j:plain
思わず色々とぶちまけてしまった。
陛下は静かに聞いてくれて、オレの話が終わった所で。

デフロット「私もね、騎士をやっていてね。けれど、父が亡くなって、母が一人になったとき、騎士をやめたんだ。」

ティオ「それは何故ですか?」

デフロット「私を含む子供は、皆独立していたからね。母を支えたくてね。それに私は王位を継ぐことも決まっているし、どちらにしても、騎士は続けられない」

ティオ「...騎士であることは思い入れは無かったのですか?」

デフロット「辞めると決めた時は、全く心残りが無かった、とは言えないね。誇りもあった。しかし、人には役割というものもある」

ティオ「役割というだけで、夢を諦めたと?」

デフロット「...ティオ君、強さとはなんだと思う?」

ティオ「龍騎士になるために必要なもの...?」

あれ?なんか変だな。
龍騎士が最終目的なのか?

デフロット「龍騎士とはなんだい?」

ティオ「バグウェルに勝った者の称号...」

その、役割は。

ティオ「国を、守るための称号なんだ...」

デフロット「そうだね。そういうことだ」

ここで、陛下の顔が少しイタズラっぽくなった気がした。

デフロット「ちなみに、近衛騎士と山岳兵隊長は結婚出来ないよ」

ティオ「!!!、失礼します!」

陛下の前だというのに、思わずオレは席を立ち、
駆け出した。

陛下の呟きが聞こえた気がしたけど、もう止まらなかった。

デフロット「隊長でもなければ、解任すれば問題ないのだけどね」



着いたさきは、キャラバンだ。