読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオのエルネア探訪日記

このブログはエルネア王国のプレイ日記です。クラフ王家、メリンダ国に住んでいます。寿命やイベントのネタバレあり。

2代目、その63(新年早々...)

新しい年だ。
パンケーキでお祝い、と思って用意したけどオニキスとお出掛け。
f:id:rio-m:20160420000325j:plain
あとで食べよ...

さて、ロトは無事に騎兵になった。
騎士服が様になっている。
f:id:rio-m:20160420000640j:plain

成人式を覗くか。
f:id:rio-m:20160420000726j:plain
え...?
陛下がいない。
まさか...

しかし、式は進む。
f:id:rio-m:20160420000803j:plain
母さんが隅っこに。
(はしっこにフォルティナが居るのでしょうが、見えないのが残念です。)

陛下が気になるけど、まずはティナに声をかける。
f:id:rio-m:20160420000943j:plain
やはり美人だ。

ティオ「成人おめでとう!」

フォルティナ「おにいちゃん、ありがとう✨」

ティオ「母さんも引退したし、ティナが騎士を目指してみる?(笑)」

フォルティナ「それもいいな。そうしようかな♪」

え、冗談だったんだけど。
でも、そうなったらそれも楽しいな。


さて...陛下だ。

f:id:rio-m:20160420001536j:plain
ああ...

デフロット「ティオ...」

ティオ「はい!」

デフロット「国はロトに任せる。ロトを支えてやってくれるか?」

ティオ「...! オレ...いや、私に出来るでしょうか...」

デフロット「政治や職務の助けをしてやってほしい訳じゃない。家族とは違う、親友として、変わらない存在であって欲しい」

ティオ「そんなことで良いのですか?」

デフロット「ああ、王としての責務から外れた友というのは、有り難いものだよ。私にとっての君のように。ロトにも、そのままで居てくれよ」

ティオ「...わかりました。必ず。」

友か。
オレは陛下に、今思うとしょーもないこととかも相談していたな。
けど、それを楽しく思っていてくれていたんだな。


f:id:rio-m:20160420001649j:plain
少し気分が良さそうなときに、食べやすいものを差し入れするも。

f:id:rio-m:20160420001751j:plain
f:id:rio-m:20160420001830j:plain
ティオ「ありがとうございます、陛下」

穏やかに、いつもの陛下らしく。
最期まで変わらぬ方だった。


ロトは家族をつれて王の居室に移ってきた。
f:id:rio-m:20160420003617j:plain
ロトの騎士服は半日だったな...