読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リオのエルネア探訪日記

このブログはエルネア王国のプレイ日記です。クラフ王家、メリンダ国に住んでいます。寿命やイベントのネタバレあり。

2代目、その14(200年末、プロポーズ)

(先に書いておきます。プレーヤー、妙に興奮しすぎてほぼ画像がありません。皆様のご想像にお任せします。)

28日。
今日はデートの約束はしてない。
f:id:rio-m:20160201175024j:plain

待ち合わせはしてないけど、なんとなく街角広場にいると、ルビーから声をかけられた。

よし。
オレも男だ。

かばんからこれを取り出す。
f:id:rio-m:20160201224437j:plain

ティオ「ルビー、これを...」

ルビー「これって...!!」

ティオ「いやさ、ホントは色々と悩んでたんだ。実はオレ、魔銃師になりたかったんだ...。でも、それよりもやっぱりルビーと一生一緒に居たいなって、その、あの、それが叶わない方がもっとヤだなって、えーと、何言ってんだ、オレ...」

なんだかしどろもどろになるオレ。

ルビー「ティオさん」

そんなオレを、ルビーの黒い瞳は、
まっすぐ見つめていた。

ルビー「ちゃんと、言って下さい」

...そうだな、余計な言葉はいらないな。

ティオ「オレと、結婚してください」

ルビー「はい!」

f:id:rio-m:20160201230027j:plain

不安だった。
怖かった。

もし一緒に居られなかったら、と考えたら、
夜も寝られなかった。

それが答えだったんだ。


オレはこれからも強くなろう。
国を守る龍騎士ではなく、
ルビーと、いつか産まれてくるかもしれない子供を守るために。

って、まだ婚約しかしてないのに、
何を考えてるんだか。